iwaroroのブログ

Twitterアカウント @Iwa23kashiwa

代表戦の無料視聴法整備が批判されてるワケ

先日日本サッカー協会会長の田嶋氏が代表戦について無料で視聴できる法整備を国に求める方針を明かしました。

 

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOKC289XC0Y2A320C2000000/

 

しかしこの対応には多くのサッカーファンから批判が寄せられています。もしかしたら「サッカーが無料で観れるならいいことじゃないの?」と思う人もいるかもしれないので、なぜ批判を受けてるか説明したいと思います。

 

まず、アジア最終予選の放映権を販売しているのはAFC(アジアサッカー連盟)という組織です。これまではテレビ朝日等が放映権料を支払いテレビ放送などをしていたのですが、今回のアジア最終予選の放映権料は高額で、テレビ朝日等が払える額ではありませんでした。このままでは日本代表の試合が観れないという危機に、高額な放映権料を支払ったのがDAZNです。ホーム戦は大人の交渉でテレビで見れるようになりましたが、アウェイ戦に関してはDAZNの独占配信に決まりました。これが2021年8月のことです。

 

時間は飛んでアウェイのオーストラリア戦の直前、田嶋氏はDAZNにテレビ放送を依頼したようです。しかしDAZNからすれば高額な投資をして1番の利益が出るタイミングでの相乗りを許容できるわけありません。せめて交渉するならDAZNが放映権を獲得した時点で交渉するべきでしょう。

 

営利企業であるDAZNが独占配信に拘るのは当然です。テレビ放送を認めたらDAZNにお金を払っているユーザーに対して公平性を欠きますし、独占配信だからこそ新規のユーザー獲得に繋がるわけです。

国内のサッカーファンもDAZNが巨額の放映権料を払っているのを知っているのでDAZNを支持する声が多くありました。

 

ここまでが背景の説明だったのですが、これで独占放送禁止法案が批判されてる理由もなんとなくわかってきたでしょうか。

 

独占配信を禁止したところで最大の原因であるAFCの放映権料高騰をなんとかしない限りは問題の解決になりませんし、高額な放映権料を支払い日本のサッカーファンに代表戦が観られる環境を用意してくれたDAZNに対して田嶋会長の発表はあまりにもリスペクトが無いように感じます。既にJリーグの放送を始め、日本のサッカーファンにとってDAZNは無くてはならない存在です。しかしDAZNは海外の企業であるため、日本からの撤退をされると大きなダメージが来てしまいます。

このような背景があって田嶋会長の法整備訴えの発表が批判されてるのです。

 

【まとめ】

批判の理由は以下の3点。

①そもそもの理由はAFCの高額な放映権料

②行動するタイミングの遅さ

DAZNが離れていくことへの危惧

 

 

マッチプレビュー: J1第4節

vsアビスパ福岡

3/12 16:00~ @ホーム

 

スタートからいきなり続いた中3日ペースの試合から1週間空き、コンディションを整えてリーグ戦を迎えられる。

 

柏は前節、鹿島アントラーズとアウェイで対戦。0-1で敗れた。鹿島のロングボール戦法と中盤ダイアモンド型のプレスに思うようなボールの奪い方、ポゼッションが出来ず苦しめられた。それでも前半を0-0で折り返し、後半開始直後には中村慶太を起点にペースを掴みかけたものの鹿島のゴールをこじ開けることが出来ず。後半20分に荒木遼太郎にゴールを許してしまう。ネルシーニョは後半30分には4バックへ移行するが、単調なロングボールに終始しむしろゴールを遠のく展開に。結局このままタイムアップ。

 

この敗戦で得た課題は3つ。

①相手がロングボール主体で来たときの対応

②左からのボール前進

③4バック移行時の崩し

とは言え現状の5-3-2のシステム自体は決して悪いものではない。全体の強度を高く保ちながら素早く攻撃に移っていくスタイルで2勝しており、鹿島戦も勝てるチャンスはあったのだ。要はセカンドプランを作り、それをピッチで実行できるかである。

 

次の相手はアビスパ福岡だ。福岡もどちらかといえば相手に合わせて戦い方を調整し、センターラインの強度をベースに闘ってくるチームである。つまり鹿島と同様、柏が嫌がる戦い方を仕掛けてくる可能性が高い。福岡にも前線でキープできるCFが揃っており、彼らにシンプルにボールを入れてくるやり方もしてくるだろう。CBの高橋祐治らが跳ね返すのはもちろん、こぼれたボールを素早く回収できるか、インサイドハーフの山田やサヴィオらでボールを繋いでいくことが出来るかが勝負の分かれ目になるだろう。

 

【予想フォーメーション】

f:id:iwarorox:20220311011248j:image

負けたとはいえ内容面ではそれほど悪いものではなかったことを踏まえると鹿島戦と同じようなメンバーで臨むのではと思われる。

 

キープレイヤー: 椎橋慧也

中盤でのボール奪取や相手のロングボールからのセカンドボール回収など、守備の面で前節からの反省は多くなると思うが、アンカーの椎橋は攻守両面で忙しくなる時間が増えるだろう。

マッチプレビュー:ルヴァン杯 GL第2節

3/2(水) 19:00~ @ホーム

vsコンサドーレ札幌

 

【前試合の振り返り】

柏は横浜F・マリノスに3-1で勝利。

前半5分と早い時間帯に先制を許したものの、前線からのプレッシャーから横浜のミスを誘い前半24分に細谷が同点ゴール。その後も縦に早い攻撃からチャンスを作っていく。

流れが変わったのは前半35分。ドウグラスを倒した横浜DF畠中が2枚目のイエローで退場。柏は前節の湘南戦に続き前半で数的優位に立つ。その後は主に数的優位な中盤で引っ掛けて攻め込むシーンが多くなる。そして後半15分、細谷が相手GK高丘のキックをカット、こぼれ球をドウグラスが押し込み逆転に成功。

後半40分には裏へのボールに反応した細谷を横浜DF岩田が倒してしまう。DOGSOの要件を満たしていたため岩田は一発退場。後半47分に途中出場の小屋松が勝負を決める3点目。ホーム開幕戦で大きな勝ち点3を掴んだ。

 

今日はピッチの状態が悪く、柏はウォーミングアップ時に大南、試合中に中村、サヴィオの3人が負傷というアクシデントに見舞われた。それでも交代出場となった川口、戸嶋が安定したパフォーマンスを披露。芝の状態を改善させておく反省は必要だが、代わりに入った選手が好パフォーマンスを見せたことはポジティブに捉えたい。

 

【札幌戦に向けて】

中2日のゲームということを踏まえれば札幌戦も京都戦同様にターンオーバーを敷いてくるだろう。京都と異なり札幌は3-4-2-1式のパスサッカーがスタイルだ。

札幌も原則ボールを握りたいチームである。柏としては従来通り相手の攻撃を受けながらカウンターを狙っていく展開になるだろう。前節からの反省を活かすなら立ち上がりか。京都戦では立ち上がりに失点を喫し、その後も相手への対応に遅れてしまっていた。柏がボールを握って相手を崩すことを不得手としているのはバレているため、先制を許してブロックを敷かれると難しくなる。スタートから集中力を持って試合に臨みたい。


f:id:iwarorox:20220228104925j:image

キープレイヤー:大谷秀和

札幌の攻撃を受け流すには相手に食らいつく守備とスペースを埋める守備を上手く使い分ける必要がある。その舵取り役には戦術視野の広い大谷が最適だ。バランスを取りながら札幌の隙を狙いたい。

マッチプレビュー:J1.第2節

2/27(日) 15:00~ @ホーム

vs 横浜F・マリノス

 

ホーム開幕戦。相手は優勝候補の横浜F・マリノス。厳しいのはわかってるので。

 

柏は水曜日のルヴァン杯京都戦を1-1の引き分けに終えた。ターンオーバーを敷きつつ、高卒ルーキーの真家英嵩に得点が生まれたことはポジティブに捉えたい。(ごめんルヴァンは観れないからあまり書けない)

 

対戦相手のマリノスACLに出場する関係で水曜日に川崎と対戦。なんと川崎に4-2の逆転勝利を収めている。前田大然が抜けたもののアンデルソンロペスなどを補強、前線のクオリティはJ1トップクラスだ。

 

お互いのスタイルを考えてもマリノスが攻める時間の方が絶対長い。キムスンギュを中心にチーム全体で集中力の高い守備が必要になるだろう。しかし攻撃と守備は表裏一体、マリノスの攻撃的スタイルの背後には広大なスペースがある。

柏レイソルの得意なパターンはカウンター、マリノス戦はむしろやることがハッキリする上に自分達のスタイルを出しやすい。

また、マリノスはここまで2試合で4失点を喫するなど守りの面でつけいる隙はある。セットプレーも有効活用したい。

 

懸念材料としては湘南戦で負傷交代したドウグラスの状態か。前線での高さやパワーはドウグラスにしか出せないもの。ネルシーニョ監督は湘南戦後のインタビューにて軽度のものと発表していたが…。


f:id:iwarorox:20220226062745j:image

 

注目選手:細谷真大

湘南戦では得点こそ生まれなかったが裏抜けで大岩を退場に追いやり、柏の勝利に大きな貢献を果たした。今節も前線からのチェイスや裏抜け、そしてゴールで勝利に貢献してほしい。

またルヴァン杯で後輩の真家がゴールを決めた。先輩として自分もきめてほしいところだ。

 

マッチプレビュー:ルヴァン杯 GL1節

2/23 (水) 14:00~ @アウェイ

対戦相手:京都サンガF.C.

 

リーグ戦がスタートして息つく間もなく中3日でルヴァン杯もスタートする。昨年はルヴァン杯もGL敗退となったが今年は爪痕を残したい。

 

柏は2/19の湘南戦にて2-0で勝利を飾った。前半に湘南の大岩が退場し、転がってきた数的有利な状況を確実にモノにした。数的優位の時間が長かったこともあり、評価は難しいが“勝利”によって得られる自信はある。

湘南戦での収穫は山田雄士だろう。今年でプロ4年目のMFが上々のプレーを披露、守備の強度と狭いエリアでの攻撃のクオリティはJ1でも通用するレベルに成長していた。

 

中3日で迎える試合なだけにターンオーバーを行うのがベターだが、昨シーズンのルヴァン杯横浜FC戦ではリーグ戦のメンバーをそのまま起用してきた。今年も同じ選択を取ってくる可能性は全然ある。

京都は土曜日の開幕戦で浦和と対戦。ピーターウタカのゴールで1-0で勝利を収めている。曺貴裁監督が植え付けた球際の強さとアグレッシブなプレーをベースとするチームだ。ある程度は湘南との試合経験も活かせるはずだ。しっかりとブロックを敷いて相手にやりにくさを意識させつつ、鋭いカウンターを突き刺したい。また、ターンオーバーを敷くならニューフェイスの台頭にも期待したい。

余談だが今の柏には京都の関係者が多い。染谷悠太高橋祐治小屋松知哉などが京都への在籍経験がある。

f:id:iwarorox:20220220231610j:image

 

キープレイヤー:森海渡

ここまでの2試合ではベンチ入りも出来ていないがCFとしてのポテンシャルに疑いの余地は無い。ドウグラスの負傷交代を考えると先発入りの可能性は充分ある。というか怪我とかじゃないなら使ってほしい。京都がメンバー入れ換えてくるならマッチアップするのは本田(173cm)や井上(180cm)になるだろう。高さでも主導権を狙っていきたい。

 

マッチプレビュー: J1.第1節

2/19(土) 15:00~ @away

対戦相手:湘南ベルマーレ

 

いよいよ2022年のJリーグが開幕する。柏レイソルの相手は湘南ベルマーレだ。昨シーズンは柏が15位、湘南が16位と共に苦しいシーズンとなったが、柏としては昨シーズンの不甲斐なさを振り払うためにもスタートダッシュを成功させたい。

 

柏は先週、ちばぎんカップにてジェフ千葉と対戦。新加入のドウグラスの1点を守りきり、1-0で勝利を収めた。

採用したフォーメーションは3-5-2。展開力のある中村慶太を右WBに起用し、右から攻撃を組み立てる意図があった。

f:id:iwarorox:20220218034553j:image

得点シーンはやはりカウンター。中盤で千葉のパスをカットし、前線の細谷が抜けだしたドウグラスにという形だった。

後半は90分間の試合を殆どしてなかったという影響がモロに出て防戦一方の展開に。攻撃でもボールを奪っても効果的な繋ぎが出来ず、ロングボールで相手ボールにという正直いいとこ無しの試合内容に。それでも千葉の決定力不足にも救われた。

 

湘南のシステムもおそらく柏と同じ3-5-2。近年は保持のクオリティ向上にもトライしているが本来はハードワークをベースとするチームである。千葉よりは前からプレスを仕掛けてくるだろう。ただ、千葉よりはラフなロングボールでも勝算はあるか。1vs1のマッチアップが重要になる。

そして、瀬川祐輔にも触れる必要がある。柏で4年間プレーした瀬川は今季から湘南の一員に。ネルシーニョのサッカーを熟知するアタッカーなだけに、ピッチ上での臨機応変な対応も必要になるだろう。

 

キープレイヤー: E・サントス

柏としては最も警戒しなくてはならないのはウェリントンだ。脈絡なく点を取れるヘディングの強さは驚異。実際昨年の柏戦でも強烈なヘッドで得点を決めている。おそらくマッチアップするのはちばぎんカップにて3バックの真ん中で出ていたエメルソンになるが、彼がウェリントンを抑えられないと厳しくなる。

マッチプレビュー:ちばぎんカップ

日時:2/11 13:00~

相手:ジェフ千葉

 

2022シーズンのスタートを告げる伝統のプレシーズンマッチ。今季のチームを占い、1週間後のリーグ戦に向けてチームの状態を向上させる目的もある。

今季の柏ははっきり言って“期待されていない”。他サポや外野からの評価は補強も今一つ、順位予想でも降格候補に入れる人間の方が多いだろう。圧倒的に低い下馬評を覆すためにも結果と内容が求められる。

 

柏はオフの移籍期間で攻撃陣をガラッと一新。逆に千葉は主力の流出を最小限に抑えた。「積み重ね」という意味ではやや千葉に分があるか。

柏も千葉もインテンシティ(球際や走力)の強さとトランジション(攻守の切り替え)をベースに手堅いサッカーを得意とするチームである。しかし柏は2021シーズン終盤で4-4-2を基本とした保持の改善にも取り組んでいた。おそらくだが試合の序盤は柏がボールを握り、千葉がカウンターを狙う形になるのではと思われる。

試合のポイントは攻撃陣が入れ替わった柏が決定機を作り、仕留めることが出来るかだ。4-4-2を採用した場合、3-4-2-1を用いる千葉とミスマッチが出てくる。攻撃時はいいが守備において対応が1歩で遅れてしまうため、勝負は点を決められるか否かに掛かってくる。

 

◎試合のキーマン(柏レイソル)

ドウグラス

今オフの補強の目玉。“決めきる力”を備えたストライカーであり、正直この選手の出来次第で柏の(少なくとも序盤の)シーズンの調子が決まると言ってもいい。これだけ選手が入れ替わったので攻撃の擦り合わせにはある程度時間が必要と考えるべきだ。個の力で点を取れるドウグラスのエンジンが掛からないと勝つのは難しいだろう。